忍者ブログ
ADMINWRITE
☆水はまめに替えてほしい。 喧嘩に勝ったらほめてほしい。 (喧嘩に負けそう加勢して・・・) おなかが空いたの気づいてほしい  ☆:・.*・*・:☆ 安らぎがほしいのは亀も飼い主も同じ☆彡 平成17年乙酉生まれの小亀「オオチビとコチビ」 飼い主さん決まりました。ご声援有難うございました。 ☆現在ブログの話題は飼い主の菜食や占い、座敷飼亀です。H28年12月で18歳になったカブとマイッタ。四年後輩パーサックの三名がうちのラブリーかめーズです♪*、。*'*。*'皇紀2677年☆平成29年がよい年になりますように♪
[112]  [111]  [110]  [109]  [108]  [107]  [106]  [105]  [104]  [103]  [102
青柳ウマー

カブは青柳や小柱、が大好きです。
マイッタはコバシラは好きですが、青柳は食べません。
パーサックはどっちも食べません。

ちょいベジで完ベジではない私は時々お寿司を食べます。

おととい某回転寿司食べた青柳が、色艶よく素敵でした。
こんなに色のいいのばっかりなんて、気前いい♪♪
たいてい色の悪いのと抱き合わせになってしまうんですよね^^;

私はお寿司を食べる時、亀になったつもりで、青柳、小柱をよく食べます。この日は青柳がヒットだったので三皿食べました。

小柱は店になく、他のお寿司を全然食べたくない気分で四皿目もあおやぎでいきたかったのですが、なんとなく四皿も青柳だと変な人に見えそうだったので、やめて店を出ました(苦笑)

握ってる職人さんの顔が見えないつくりの店で、顔が見えないのが如何に落ち着かないかがわかりました。なんであんな作りなんでしょうか?

また行きたいんだけど、居心地の微妙に悪い店で、(ネタはいいのに・・・)やっぱ寿司屋は、「さー、なんでも握りますよー」とか「今日のおすすめは○○ですよ」とか職人さんが、不特定多数にさらっとよ呼びかけてないと、つまんなくなるように思います。この店ではそういう事が一切なかった。握り自体はおいしかったんですがね。

店内のにおいも、もうちょっとおそうじ頑張ってって感じでしたので、本当にカブが人間だったら、きっと二度は来ないように思います^^;

しかしこれほどの青柳を置いてるとなるともういっぺん行ってみたい気持ちもぬぐえません。しかし入店する勇気が出るかどうか、店の前に行かなければわかりません。

チェーン店なので、他店で青柳を試してみようかと思います。

カブが人間になった気分で、カブのかわりに食べてるみたいに食べる青柳にはまって、もう何年になるんでしょうか(笑)五年ぐらい?

お寿司屋さんで、青柳も小柱も置いてないとなると、何食べていいんだか、わからなくなってしまう程はまっています。

マイッタとパーサックは、ぶりのあらを食べてた事があるので、それをイメージして、ハマチを頼むこともありますが、私個人としては、大好きでもきらいでもなく、毎度は頼みません(ごめんね、パー)^^;

(ちなみに、ぶりのあらから身を亀用に切ると、手が魚くさくなってしまって、洗うのが大変なので、最近はあげなくなりました。)

ナチュハイ的には、穀類と魚の組み合わせはアウトなのですが、毎日のことではないので、楽しく反則しています♪

青柳(カブ好み)、コバシラ(くさ亀好み)、すずき(クサ亀好み)さより(私好み)はまち(本当はハマチ自体はうちの亀食べませんが、イメージ的にマイッタとパー)えび(カブ好み)かっぱ巻(私好み)筋の気にならないまぐろ(カブ好み)ひらめ(マイッタ好み)

このあたりを食べると、亀と一緒に食べてるような気分になれるので、最早自分の味覚よりも、イメージ優先で食べてるかもしれません(笑)

ひらめは、紫蘇焼酎タンタカタンのたんたかを思うと食べづらくなってしまって、最近頼みません。高いですしw

えびも最近前ほど(私が)好きじゃなくなったし、最近お寿司を食べるのは、家族サービスと空想の為のような気がします(笑)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
本日の買取相場価格
プロフィール
HN:
亀飼い風雅
HP:
性別:
女性
自己紹介:
占い愛好者。亀、猫、犬が好き。
メディバルキャットタロットも好き。

My Doll
早起き生活
Powered by 早起き生活
QRコード
ブログ内検索
アーカイブ
最新トラックバック
Blog Pet

Designed by 湯月   Material by ウタノツバサ
Copyright c [ *.・お亀の祈り*・'゜ ] All Rights Reserved.

忍者ブログ [PR]