忍者ブログ
ADMINWRITE
☆水はまめに替えてほしい。 喧嘩に勝ったらほめてほしい。 (喧嘩に負けそう加勢して・・・) おなかが空いたの気づいてほしい  ☆:・.*・*・:☆ 安らぎがほしいのは亀も飼い主も同じ☆彡 平成17年乙酉生まれの小亀「オオチビとコチビ」 飼い主さん決まりました。ご声援有難うございました。 ☆現在ブログの話題は飼い主の菜食や占い、座敷飼亀です。H28年12月で18歳になったカブH30年12月に20歳のマイッタ。四年後輩パーサックの三名がうちのラブリーかめーズです♪*、。*'*。*'皇紀2679年☆平成31年がよい年になりますように♪
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

新元号が令和に決まりました。

亀入らなかった・-----・

Rになる元号もいいですね。

令和という変換がもう、あっさり反映されることにびっくり!

発表後からの4月は平成31年であり、令和零年でもありますね。
今月中に新時代に向けた準備が出来ると考えるとなんか楽しくなってきます。

お亀帝国では令亀という元号を使うことになるのかな(^m^)
PR
前回の記事から約ひと月後の1月6日。

カブちゃんのリビングの別荘にあけがた移動していたマイとパー。

以来、參太が明け方は元カブの別荘を利用することが増えた。
年が明けてマイッタと表札をかけられたのだろうか。

リビングのテーブルから南側は自分(カブ)のなわばり。
入ろうとするマイッタを厳しい顔で威嚇していたカブの顔と空気は、今でもしっかり思い出せる。
今日はカブを身請けした日。カブが飼いがめになった日。カブに苗字と名前が出来た日。

 かなしい別れ方をしてしまったけれど、カブちゃんは、うちに今ようやく遊びに来れるようになったね。

 おととい、誰かが水桶に入った音がしたので見に行ったら、現役の二匹は陸で眠っていた。
 
 そういえば、この頃水に入った音がしたのに誰もいなく、気のせいかと思ったことが何度もあったっけ。

 気が付かなかったけれど、帰って来ているんだね?

 マイもパーも全然リビングに遊びに来ないよ。四十九日と五十日のあけがたにマイッタがカブの隠れ家にやってきたけれど、それ以来全然来ないよ。

 パーもカブがいた時には、カブの隠れ家にちゃっかり侵入していたけれど、今は来ていません。ひとりではこわくて人間のテリトリーにやってこないんだよ。
 マイッタも然り。人間の近くには全然来ないよ。亀の間だけで暮らしてる。

 カブ、カブ、カブ。

 また時々天の川から遊びに来てください。
 
 はじめてペットショップからうちへ来た夜、死にそうだった弱ったカブトは、畳の上に放したら、のどをばくばくさせて、やっとひろい世界に出られたってきりっとした顔で生気を取り戻していたね。あまりに元気になったので私はびっくりしてしまったのを今も覚えているし、一生忘れないよ。

 入院に同意してしまって本当にごめんね。
 家から天の川に行きたかったよね・・・?
 
 カブの好きだった場所に思い切ってストックの水を置こうと思ったんだけど、僅差で入らなかったんだよ。高さがあわなかった。やっぱりカブの場所なんだね。今のまま風通しを良くしておきますよ。だから、天の川から遊びにおいでよね。泊りがけでね。

 おやすみ、カブ
久々にブログを書こうとしたら、昔聞いた宝塚の「風と共に去りぬ」のなかの歌、「水色の愛」が降ってきた。

 カブの好きな鳳蘭さまの歌声だ。

 水色の愛が生まれた 澄み切った深い水のなか

 とこしえの愛 限りなく遥かに 幸せを求め いついつまでも

 我が愛強く燃え この命果てるまで 変わること無き愛を


 昭和52年ぐらいに聞いたのではなかろうか。

 宝塚の風と共に去りぬ、殊に初演のバトラー編は、すべてが名曲だ。

 まさか40年後に泣かされるとは思いもよらなかった。

 この命絶えるだったかもしれないな。
 

 喜びも悲しみも ふたりしてわかちあい 絶えること無き愛を 

 なんかこの辺は記憶が曖昧だ。


 もしかして歌っていたのは、ツレちゃんじゃなかった?ルミさん?

 でも、カブがツレちゃんの歌声好きだったから、真実は謎でいいことにしよう今夜は。

 カブを見ていたら思い出した歌だから、新しい想い出の歌だな。

 カブ ありがとう
9月20日火曜日

朝9時頃カブ、避難所の水桶から出たそうなのでお手伝い。

あとは特筆すべきことはなかった。

中略

夜8時半頃 カブは自分専用の陸の隠れ家(パーが時々間借り)、マイッタも自分専用の隠れ家(同じくパーが時々間借り)パーは二桶。

マイッタをそっと取り出して一桶へ。ピーピー鳴いて「なんで、なんの用?」という感じ。

夜12時 カブを捕獲してひらたで給水。

マイッタが一桶から出て来る。私の脇を通ってあたかも自分の隠れ家へ行くかのように見せて、私の後ろを回り込んでカブのいる桶へ向かって来る。

カブ、それに気付いてあわてだす。

戦いになる前にカブを避難所の桶へ連れて行く。

參瀬山 まいらせやまの勝ち。

空圧でカブを寄せ付けなかった。今日は強気だ。

戦って心身ともにエネルギー放出、充電期間、チャージ完了で勝ちに行くというリズムだろうか。

そうなんだな。勝つ為には自分の力が満ちていることが条件なんだ。

マイッタは人に対して臆病だが、元気いっぱいで、階段から飛び降りてみたり、肩やカーテン(軽いコガメ時代)に登ったり、体育は大好きだ。

冒険したり、怒ったり、戦闘モードになった時だけ亀が変わる。ものすごくまじめな顔になり、口元のあたりが、ふくらんでいるように見える。ねこが遊ぼうって誘ってくる時に口元というか髭元が四角くなっているのに似ている。

マイッタはもともとまるっこい嘴だが、まるく張りがあるような口元の時、戦いを挑むと勝ってるように思う。そしてカブも、戦う前から自分の負けを察している時、緊張の走った真剣な顔をしている。

顔を見ると戦いたいのか避けたいのかわかるようになった。

しかし私の知りえたことなど。亀の世界のほんの一部。明日にもまた私の知らない世界を見せられるのだろう。
カレンダー
07 2019/08 09
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
(04/01)
(04/01)
(01/24)
(12/05)
(05/26)
本日の買取相場価格
プロフィール
HN:
亀飼い風雅
HP:
性別:
女性
自己紹介:
占い愛好者。亀、猫、犬が好き。
メディバルキャットタロットも好き。

My Doll
早起き生活
Powered by 早起き生活
QRコード
ブログ内検索
アーカイブ
最新トラックバック
Blog Pet

Designed by 湯月   Material by ウタノツバサ
Copyright c [ *.・お亀の祈り*・'゜ ] All Rights Reserved.

忍者ブログ [PR]