忍者ブログ
ADMINWRITE
☆水はまめに替えてほしい。 喧嘩に勝ったらほめてほしい。 (喧嘩に負けそう加勢して・・・) おなかが空いたの気づいてほしい  ☆:・.*・*・:☆ 安らぎがほしいのは亀も飼い主も同じ☆彡 平成17年乙酉生まれの小亀「オオチビとコチビ」 飼い主さん決まりました。ご声援有難うございました。 ☆現在ブログの話題は飼い主の菜食や占い、座敷飼亀です。H28年12月で18歳になったカブとマイッタ。四年後輩パーサックの三名がうちのラブリーかめーズです♪*、。*'*。*'皇紀2677年☆平成29年がよい年になりますように♪
[365]  [364]  [363]  [362]  [361]  [360
入院したクリニックは蒸し暑かった。
トカゲの為?陸ガメの為?
湿度が高いなかで「死ぬかもしれない」と言われてしまって、貧血になってしまってすぐに立ち上げれなかった私に爬虫類医は、「もういいですよ」と早く診察室を出るように迫った。

やっとこさ立ち上がったが、冷や汗が脇を伝い、待合室でも世界が白っぽくなって立てるのに時間がかかってしまった。



カブは少しでも熱いのが苦手で空気の循環の悪いところにいたことがない。

水場も顔をあげれば外が見えて自力で脱出できる高さのところだから、風遠しがいい。

風遠しのいい自分の気に入った場所がたくさんあって、カブが水場に入りやすくしている家から比べたらいったいどんな環境で死んだのだろうか。

爬虫類がとなりにいて怖いくさい思いなどしていなかったんだろうか。
ほかの亀のにおいに憤ったりおびえたりしていなかったろうか。


カブは電話の相手が誰と話しているかがわかる亀だったから、入院先に電話をかけると迎えに来てくれるときっと思うだろう。それで来なかったら失望するだろう。だからかけるのはやめようと様子を聞く電話もかけなかった。でも木曜には電話して場合によっては入院をきりあげてと思っていたが、木曜まで持たなかった。


結局のところ、入院は必要なかったと思う。





医者も獣医もすべての事象を治せるわけではない。
誤診だってあるかもしれない。
それもまた運だ。


ただ、いくら死んだからといって飼い主の目の前でペットシーツにものを包むみたいにカブを包まれたのも悲しかった。ペットを受け取って包むのは飼い主の仕事だ、とらないでほしかった。
私はタオルを用意していたので、クリニックの外に出てそっと息苦しいペットシーツからタオルに移した。



通院はいいが泊りはどんな設備で入院になるのか、亀の場合は教えてもらった方が亀の飼い主も安心出来る。今回私は獣医を信頼し過ぎてしまったし、そのわりには意思の疎通を欠いていた。

冷たかろうがなんだろうが名医ならいいと思っていたが、間違いだった。

飼い主ほどの強い愛情を患者に持ってくれとは言わない。
ほんのちょっとの愛情でいい。そのほんのちょっとの愛情のあるなしが、弱った個体の生きる力が伸びるか終わるかにかかわってくる。

そしてなにより、入院は即答しないで、ちょっと考えてまた連絡しますといっていったんペットと帰宅しなかった飼い主が誰よりも悪く、苦しんで死ぬしかないばか飼い主だ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
本日の買取相場価格
プロフィール
HN:
亀飼い風雅
HP:
性別:
女性
自己紹介:
占い愛好者。亀、猫、犬が好き。
メディバルキャットタロットも好き。

My Doll
早起き生活
Powered by 早起き生活
QRコード
ブログ内検索
アーカイブ
最新トラックバック
Blog Pet

Designed by 湯月   Material by ウタノツバサ
Copyright c [ *.・お亀の祈り*・'゜ ] All Rights Reserved.

忍者ブログ [PR]